パラオで最高なダイビングクルーズ龍馬号

パラオで最高なダイビングクルーズ龍馬号

11/27(土)~12/01(火)

DSC01604

行ってきましたパラオ

なんとクルーズのゲストは我々4名と現地で知り合った2名様の6名

広々とクルーズ船を利用させていただきました。 ラッキーでした。

DSC01512

屋上にあるジャグジーでダイビングの疲れをいやしました。

11/28
Ulon Cliff〔ウーロンクリフ〕
Siaes Tunnel〔シアストンネル〕
Siaes Corner〔シアスコーナー〕

11/29
Blue Corner〔ブルーコーナー〕
New Drop Off〔ニュードロップオフ〕
Blue Corner〔ブルーコーナー〕

11/30
German Channel〔ジャーマンチャネル〕
German Channel〔ジャーマンチャネル〕

DSC01293

Siaes Tunnel

パラオの中でとても魅力的な地形ポイントです。

水深(40m)が深いのでたえずダイコンとにらめっこでした。でもとても神秘的でした。

DSC01390

DSC01315

わが姉御がめでたく300div達成されました。

DSC01346 DSC01342 DSC01357

デイドリームクルーズ 龍馬号の広い船内特にこんな広い廊下見たことありません。

トイレもウォシュレットに脱臭器も付いていました。

DSC01405 DSC01406 DSC01362

日本人シェフに美人日本人コンシェルジュも(下左)

DSC01414

今回お世話になりました。龍馬号 皆さんもぜひ利用されたら!!

DSC01517 DSC01523 DSC01588

現地で知り合った愛知県のダイバーさん(右)とても気さくな方でした。

ボブサップみたいなヘッドガイドがお気に入りの姉御さん

DSC01481

いつもニコニコ笑顔のSENさん

DSC01465

少し流れがあるコーナーでした。

DSC01425 DSC01442 DSC01398

やっぱ何回潜ってもブルーコーナーは最高です。

DSC01339

DSC01380

German Channel

マンタ発見 シーン

DSC01569

ジャーマンチャネル(パラオ)は北東から南西へ伸びており、昔パラオを統治したドイツが作った水路を作った。
干潮と満潮の時、潮が豊富なプランクトンを運んでいる。それを捕食するためにマンタをはじめいろんな魚たちが集まってきます。

DSC01565

今回のあたりポイントはこのジャーマンチャネルでした。

DSC01502

DSC01612

広くて清潔なクルーズ船を6人で使いまくった。 最後の記念撮影でした。

お疲れ様でした。

関連ブログ: