死滅回遊魚出現 越前海岸に行って来ました。

2013年9月7日(土)暑い夏が過ぎ急に秋っぽくなって体に変調をきたす時期になりましたがこれからが水中がカラフルになります。皆さまもハンディライトを持ってレアな発見をしませんか?

マツカサウオ

マツカサウオの幼魚 (松笠魚) 別名ヨロイウオ 鎧をまとったような特徴的な体つきのほか、発光する魚としても知られている。そして 下あごの先端直後に一対の発光器があり、ここに発光バクテリアが多数共生していることによって光を放っている。小さな甲殻類などをえさにしています。

P9070055 ヨウジウオの幼魚

P9070015 ミノカサゴの幼魚

P9070031 キンチャクダイの幼魚

P9070054 P9070051 P9070041

本日のポイト ツインタワーとミツグリ 水中は太平洋より暖かいです。

水温27℃ 透明度8-13mで昨日のにごりが残っていました。ミツグリは砂地で明るいためついつい長めのダイビングで、、しかし水深20m~22mでうっかりするとデコが出ます。

P9070005 P9070064

モビーズの新しいウエットスーツでご機嫌のFさんとダイビングの後の生ビールでご満喫のN社長でした。


 これまでのブログも読んでください!



▲ページの先頭へ戻る

Copyright © 2017 PSCDIVINGへようお越しやす~京都でダイビングをするなら!. All Rights Reserved