365日24時間潜れる滑川

365日24時間潜れる滑川

5月3日~5日

富山県 滑川

P5040792 (1)

1日目 By SAYA

GW後半の5月3日 7:00に京都を出発し、いざ富山へ

ちょうどお昼に到着し、まずは腹ごしらえです。

IMG_8032

富山ならではの天然・新鮮の極上寿司をセットにした「富山湾鮨」本当に極上でした。

IMG_7895IMG_7896

富山市内を少し観光

まだ路面電車が走っているんですよ~

IMG_7902

富山市の複合施設「TOYAMAキラリ」をちょこっと覗いてみました。

IMG_8031IMG_8030

ここは2020年に開催される東京五輪の新国立競技場をデザインした、隈研吾氏が手掛けた建築物。

中はガラス美術館と図書館でしたが、木の香りのするとっても素敵な施設でした。

ポイントである滑川に移動したのですが、まだ少し時間があったので予習と言うことで「ホタルイカミュージアム」へ

IMG_8028IMG_8029

さて、いよいよダイビングです。

IMG_8035

ここ富山湾の海底地形は非常に険しい「藍がめ」と呼ばれる渓谷と尾根が多く、他に類を見ない海底地形を有しています。この海底地形に加え、3000m級の山々からなる立山連峰から富山湾へ豊富な栄養源が流れ込むことにより、富山湾は日本海に生息する魚介類約800種のうち約500種が生息する豊かな海を形成しています。

昼のダイビングでは、鰭を開くととても綺麗なオニカナガシラがあちこちにいたり、

とっても大きいミズダコがいたりチェックダイブも兼ねて潜りましたがすでにみなさん富山の海に虜でした。

P5030719 (1)IMG_8034

そして、今回お目当ての1つエビの女王「バルスイバラモエビ」もしっかり見れましたよ。

他のポイントではとっても深くまで潜らないと出会えないらしいのですが、富山では20m台で見ることが出来るのです。これってとっても貴重。

赤と白の縞模様が美しい!!ほれぼれします。

P5040799 (1)

ナイトダイビングは何が出るかわからない。

ワクワクドキドキダイビングですよ。

みんなが取り囲んで撮っていたのは??

P5040769

イイダコにヒメイカにあっちもこっちも忙しい。

イイダコは刺激されると姿が変わるのです。ぜひ動画でお楽しみください。

P5030735IMG_8033

砂にうもって眠ってる??夜は星がキラキラ??(笑)

P5040807P5030733

そんな1日目、人間は今日の海に祝杯をあげるのでした・・・

IMG_7911

2日目 By AKIE

5月2日 天気予報なら昼頃までは雨予報でしたが、起きてみたらあら不思議?晴天

流石は紗綾隊長率いるツアーですな

20160508_050915000_iOS

早めにホテルを出て朝食に食らいつきながら海沿いを走ってるとそれはそれは気持ちいい天気ーわーィ\(^o^)/

…てのはつかの間、shopからの連絡で一変強風でエントリー出来ないかも…

そぅ、日本全国のあちこちで強風警報の出る中、滑川にも影響が…悩む紗綾隊長。。

IMG_8041

じゃぁエントリー遅らせて近場の観光行くぜー(n‘∀‘)η

てな事で魚津の海の駅蜃気楼と埋没林博物館へGO!

IMG_8040IMG_8042IMG_8043

残念ながら、蜃気楼には出会えなかったけど、通称「しんきろう見させ隊(願望)」おじさんに蜃気楼の出来る謎や写真を見せて貰ってお勉強し、蜃気楼モニュメントとこどもの日にちなんで沢山の鯉のぼりが立山連邦を背景に強風を喜んで青空を泳いでるのをバックに撮影大会

IMG_7929

私も自撮り棒欲しくなりましたね

まだ波も高いので、愛の湯じゃない「あいらぶ湯」で休憩~

滑川沖の深海333メートルから取水した海洋深層水の原水を活用してるんだって男女日替りですが、山側と海側とそれはそれは眺めの最高のお風呂でした~

ここでゆっくり休んだ後夕陽を見に浜に戻ってみると~まん前?ど真ん中に沈む夕陽を見る事が出来ました

そして何と夕陽に皆の願いが通じたのか、本日初めてのダイビング出来る条件に!早速準備していざっっっ!

P5040761

入ってしまえば海中は静かで穏やかな~

早速スジコウイカにセトミノウミウシ、ホウボウ、メイタガレイ、ヒメイカ(世界最小)、ツノナガコブシガニ、エムラミノウミウシ、ダンゴウオ、ウミケムシ、バルスイバラモエビ(海の女王)?(エビの女王)?、スナイソギンチャク等々

IMG_8063IMG_8064IMG_8065IMG_8066IMG_8067P5030750P5040816P5040819IMG_7952IMG_8013

2本一気に潜ってきちゃいました~

ホタルイカの水中動画 提供ひさみさん

この後はメインイベント恒例の真夜中の大宴会

富山の美味しい食に滑川での文字通り「海遊」の話が夜更けまで盛り上がりました

P5050826

shopの皆さん遅くまでお付き合い頂きありがとうございました(*≧∀≦*)

今度は「おかえりー」て言って下さいね(^^)

明日は海を離れて山へ行きましょ~\(^o^)/

さて皆起きれるかなー?

3日目

 5月5日 起きられたみたいですね。。。。。

おはようございます、Senです

少し遅めの出発で、疲れもリセット

P5052526

まずは

富山名物「富山ブラック」で腹ごしらえ

濃い目の醤油だしラーメンです

「ラーメン×ごはん」が一般的な食べ方です

炭水化物×炭水化物がここにもあったんですね

お腹も満たされ。。。。

富山在住、Mrs.チャターボックスお姉さまガイドのもと

 P505253220160505_051344000_iOS20160505_062047392_iOS

富山の隠れスポット、称名滝(しょうみょうだき)へ出発!

注:天然記念物です

P5052545P5052534

滝までの道中は、緩い坂を登りながら自然をいっぱい感じることができます

 P5052550P505254720160509_133103000_iOS

歩くこと約30分、落差日本一の滝「称名滝」に到着

(Wikipedia:称名滝は、350 mという日本一の落差を誇る四段構成の滝である。

国指定の名勝および天然記念物であり、日本の滝百選に選定されている。

名称は、法然が滝の轟音を「南無阿弥陀仏」という称名念仏の声と聞いたことに由来すると伝えられている。)

やはり350mの落差は迫力満点!!!

20160505_051953560_iOS

この時期、雪解け水が多く流れ込み、称名滝の右側にハンノキ滝が現れて

二本の滝が流れ落ちていました

マイナスイオンをたっぷり浴びて心が浄化されたことでしょう。。。

そして最後に隊長からの指令で撮影会

P5052539

image4 (1)image1 (3)image2 (2)

Catch and Release

image2 (1)image3 (1)

and…Stop

image1 (4)

最後まで元気いっぱいの皆さまでした

P5052574

風に翻弄されスケジュール変更などございましたが

最後までツアーを盛り上げて下さった参加者の皆さま

お世話になった現地の方々、お留守番のBoss

有難うございました

 

 

関連ブログ: