9月の越前海岸ダイビング

9月の越前海岸ダイビング

9/12(火)13(水)14(木)16(土)まとめてご紹介

9月はダイビングするのにもってこいの時期です。水は綺麗になるし暖かくそして色とりどりの魚たちがやってくる時期です。しかし台風も来ちゃいます。

9/12(火) 敦賀手の浦海水浴場講習

さて今週のトップバッターは!?

OW講習の仕上げに行って来ました!

初日の講習では慣れない水中でドキドキだったIちゃん・・ですが?

この日は違いました!元々シュノーケルが大好きで、何とお母様はダイバーなんですって(≧▽≦)

こりゃ頑張っちゃいますよね~♫

フィンさばきは上手だし、潜降も浮上も指標無しですぐ出来ちゃいました!

水の中でも落ち着いていてとってもスムーズな講習に

私の方がビックリしました~(゚∀゚)ワォ!

中性浮力って楽しい!って事で手の浦ビーチを縦横無尽に沢山ミニダイブしました♪

またまた新しいダイバーの誕生です~(∩´∀`)∩

次に続く14日にもっと沢山の魚が見れるからね~♡

 

9/13(水)ラパスにむけてトレーニングボートダイブ

メキシコのラパスはすべてドリフトダイビングですのでフリー潜行が基本となります。

安全で楽しいダイビングの為に練習あるのみ

アゼグリディープとツインタワーで潜りました。素晴らしい天気と心地よい水温でした。

9/14(木)KUDI(学生サークル)夏季合宿

某大学のダイビングサークルの合宿で越前に行ってきました。

さすがにマニアックな学生さんが多くそれぞれがマニアックな水中生物に興味津々皆の興味を持っている生物写真を見たいものですが研究材料に付公開できないそうです。

お泊りは彼らだけで1泊一棟¥2,000のお宿でバーベキューして翌日はスノーケリングや梨狩りをされたようです。

おじさんたちは初日でバイバイしました。

ポイントは壁岩ビーチで潜水タイムは70分越えでした。ビーチでも沖まで行くとダイナミックな水底地形になります。

9/16(土)台風直前オープンウォーター取得

台風18号の前日の雨が降る越前海岸に行ってきました。 2日間の予定が1日で帰ってきました。

 講習生のイケメン君は体験ダイビング経験者のスポーツマンだけあってまるでファンダイバーの様でした。教える方も図に乗って少し飛ばしすぎました。ごめんなさい!!

学生のようなこのお方は正真正銘の社会人でラパスに向けトレーニング中です。少し難があるダイバーほどハマるのが不思議ですね!

イケメン君もう一日頑張ろうね! 次は楽しいダイビングになるはずですからご安心を!!!

今季ラスト冠島

今季ラスト冠島

9/9(土)

満員御礼で、晴天の冠島へ行ってきました。

ベテランぞろいの上、波もなし!

という事でポイントは選びたい放題でした。

今回は条件が揃わないと中々入れない”オオグリ”と”トドグリ”へダ~イブ。

水深35mに大きな洞窟があるんですよ~

みんな中に入ったので、外に出ると自分たちの泡がまるで湧き出る温泉のようになってました。

2本目は大物を目指して♪

アジにイサキにスズメダイに群れ群れの魚に囲まれた

小魚たちが凄い勢いで逃げてくる

このシーンはやっぱり興奮する!

そして、その後に続くのは捕食者達

ツムブリだったのかなぁ?40匹くらいの団体様が追っかけまわしてました。

動画でどうぞ。最後にお楽しみ映像も入ってますよ(* ´艸`)クスクス

そしてこの人もイサキを追っかけてるのか??

みんなそれぞれに自分の時間を楽しんで、エキジットとなりました。

夕飯は美味しいお魚定食で締めましたよ~

また来年まで冠島はお預けですね。

 

雨の日の越前ダイビング

雨の日の越前ダイビング

9/7(水)

大雨警報発令(嶺南地方、福井県)でしたが現地は小雨が降ったりやんだりのまずまずのコンデションでした。透明度は悪くもなくただ水温が28℃から26℃に下がってきましたが5mmのワンピースで快適なシーズンです。

1stビーチは磐岩(かぶしいわ)ポイントでセンターから出て扉岩から第一トンネルの1時間オーバーコースでした。

map

PDF 水中マップ(カブシイワ ポイント)

CHIYOさんが使った一眼レフの威力はやはり良いですね!60mmマクロの威力はすごい腕を磨かれればもっといい写真が撮れるでしょうね!


Phot by Megumi 

テトラポットに迷い込んだハマチくん そろそろ回遊魚の季節になります。

挨拶をするように何度も遊びに来てくれてました。


Phot by MN

以下の写真はTG5を初めて使われたPSCの女ボスの写真集です。 私写真全然下手と言われるけどなかなかの腕前です。


Photo by MS

バックの黒で魚の透明感とカラーが引き立ちますね!

いつもは何の気なしに見ている魚たちもいい被写体です。

カメラで撮影することで、魚たちのあらたな一面が見えたりしておもしろいです。

ダイビング後にお互いのカメラを見るのも楽しみの一つ。

上手い下手関係なく、みんなそれぞれ興味や関心があるものが違うみたいで、撮っているものや写真の構図も様々。その人らしい写真集になってたりします(^o^)


2ndはボートダイビング。

夕暮れと天候でまるでナイトダイビングのようになりました。 写真は暗くて動画で水の中のざわめきをお伝えします。

 

アゼグリディープのハマチくんたち 事情があって夕刻のダイビングになり捕食真っ最中でした。

大きなハタも食事にありつこうとあちこちで待機していました。

日本海らしい深い蒼と魚影の濃さで大満足のボートダイビングでした。

そろそろ越前から太平洋側の須江、串本、白浜、南部、白崎のダイビングが始まります。 参加お待ちしております。

 

 

越前デープダイビング

越前ディープダイビング アゼグリディープ&シラグリ

8/30(水)

先週に引き続き平日の越前に行って来ました(≧▽≦)

何と!何と!2週続けて総勢10名の老若男女♪

遠くは名古屋からもご参加頂きましたYO~(゚∀゚)

いつも平日は少人数が多いけど、ワイワイと何か嬉しいなぁ~♪

 

浜富ボートwave1にて📷浜富の美人インストラクターサキさんチームと❤

ウェットスーツを纏いセッティングしてたら、あっつーーーーー!早く海に入りたーい!

の写真です(*‘∀‘)

 

今日は太平洋沖の小笠原諸島付近に迫る台風15号の影響で?

日本海では北寄りの風にうねりを伴い水面付近の透明度は⤵⤵⤵モゥッ!

って事で、急遽ボートでうねりを避けてのdeep pointへ

 

一本目アゼグリdeep

水深16m辺りの棚の上ではこの通り!

青いでしょ!コアジやスズメダイが群れ群れ~(*´▽`*)

高級魚のキジハタも掴める?程にのんび~りしておりました

今回は久しぶりのリフレッシュdivingやおnewのカメラの練習したい!とか~、もっと上手くなりたい!

ってそれぞれの思いを持っての海中散歩!

皆さん、それぞれ良い練習になりましたか?

↑これは、だーれだ?

絵文字の棒人間じゃないよ!(爆)

何かめちゃめちゃカッコいいアングルやーん!!

BOSSと一緒に上がって来ないと思ったらこんな事して遊んでたのね~!

しかし、日本海ってね~こぉーんなにキレイなんですよ~(*´▽`*)ウットリ♡

ついつい自分の海かの様に自慢してしまう私・・・(;’∀’)ホホホ

 

こちらは、2本目シラグリ名物、洞窟の通り抜け!

中性浮力もとっても上手になられたSさん!

コツが分かって来たよ!って喜んでくださいました~

これからもっともっとdivingが楽しくなってきますよ~( *´艸`)ウフフ

海況は少しいまいち?でしたが、、、

『やっぱり、皆で潜ると楽しいね!』

そんな平日の1日でした~(∩´∀`)∩

ご参加頂きました皆様お疲れ様でした!

是非また、リクエスト下さいね♪

 

相変わらず越前大好きAKIEでした~❤

 

行ってきました冠島へ

行ってきました冠島へ

8/27(日)

AM5:00、ちょっと肌寒い朝を迎え”あ~もう夏終わっちゃう”なんて思いながら京都出発

途中、亀岡の山間は霧で真っ白になり、”ありゃ?今日天気大丈夫か?”なんて思いながら港へ到着

しか~し心配ご無用、終日晴天でまだまだ真夏でした!

水中はちょっと白濁りしてたのが残念ですが、素敵な出会いが沢山ありましたよ。

1本目は体慣らしということで、宮前へ

驚くほどの魚・サカナ・SAKANA

スズメダイもアジも凄い量で、これだけいると迫力満点

そんな小魚の中に、ツムブリ?も登場

やっぱり冠島は同じ日本海でも越前とはちょっとちゃいますなぁ

2本目は立神へ

こちらもダイナミックな地形に魚がぐっちゃり群れてました

そんな中、でででぇ~~~~~んと登場したのはヒラマサ

き~た~、1m近くあるヒラマサが5~6匹小魚を追いかけて何度もぐるぐる回ってきてくれましたよ

きゃ~って逃げ惑う魚の動きがとても面白かったです

<その他>

BOSSがGetしたのはクロエリギンポ

キラキラした模様がステキ

目の上のたん瘤ならぬ、目の上のアオウミウシ

何もそんなところに乗らなくても(笑)

SAYAがGetしたのはこちら

どちら様でしょう?残念ながら私が持ってる図鑑では判別できず

講習後初めてのFUN Diving 講習とは全然違う楽しみ覚えちゃったかな?

皆さんのびのびと楽しんでおられました

若者は、休憩という言葉を知らないらしい…

ダイビングの合間は、ご飯食べる時以外ず~~~~とシュノーケル&素潜り&飛び込み大会してました

BOSSも珍しくみんなにつられて入ってましたYO

次回は9月9日LAST冠 良い海況でいけますよ~に

神々の海 出雲に行ってきました。

海底遺跡 出雲の海

8/19-20

Video by Takashi

今年も行ってきました出雲の海底遺跡!うち2名は2年連続のご参加です。

長旅をしてでも潜りたい海、逢いたい人がいるということで期待もふくらみます。

ビジネスホテルで1泊明けていざ海へ!

 

真面目な顔でブリーフィングを受けるメンバー。

観光ガイドのような見どころポイント満載のブリーフィングの後、

海底遺跡ポイントを目指します!

海底3~30Mにこれらの人工物が沈んでいるんです。

亀石と名付けられた石、その頭に向かって流れ落ちる水の跡がはっきりと残っていました。

京都で見た枯山水を思い出します。

そして参道と見事な階段です。

ガイドの岡本さんに続いて、フィンを脱いで自分の足で階段を登って地を踏みしめてきました!

何百年も前に地上にあったものが地殻変動かなにかで沈んだのではないかということ。

近くの経島(ふみしま)は今でも神域で、宮司さんしか踏み入れることは許されないそう。

今は海底に沈むこの土地も、昔は陸続きで神聖な土地であった様子がわかります。

玉砂利に差し込む光が神秘的で、自然と手を合わせたくなる雰囲気です。

高くそびえたつ岩々は圧巻の様子。

何者かに見守られているような、自然と姿勢を正してしまうような雰囲気がありました。

皆さん迷うことなく3本目もエントリーです。

しかし途中から流れが強くなり、運動会のように。エア切れ者もちらほら。

でも頑張ったかいあって、アジやイサキの群れ、ヒラマサまで見れました。

『アジが急に方向転換したらその先を見ろ!』

というガイド岡本さんの言葉のとおり、あっちこっちと忙しい海の中でした。

ダイビングを楽しんだ後は、日御碕灯台へ観光です。

見事なコントラストですよね。

海から吹く風が気持ちよくてついつい長居してしまったため、帰りはボスの顔を思い浮かべながら早足で戻りました。

乾いたからだに、昔ながらのラムネが美味しかったです♪

 

翌日は岡本さんのおすすめトビエイが群れる可能性があるという『サダコSP』へ。

 

しかしこのポイントなぜこんな名前かというと、

髪の長い女性が潜るとサダコのようになるぐらい流れが強いという由来らしく、

昨日の悪夢を思い出しているメンバーもいたはずです。

それでも、海が大好きなメンバーに潜らないという選択肢はなく、皆そろってエントリーです。

エントリーしてみると流れはほぼ皆無。

いつ流れるのかと思い心の準備万端で挑みましたが、しばらく泳いだ後に1匹目のトビエイ発見!なんと妊婦さん。

もう少し泳いでいくと、あー!トビエイ!なんて遠くのトビエイの動画を撮っていたら、すぐ横を別の子が優雅に泳いでいくじゃないですか!

トビエイの巣にお邪魔させてもらいました(*^^)v

普段は流れのため、トビエイの巣までたどり着くのは不可能だそう。

ほんとにラッキーでしたね!

最後は経島(ふみしま)の真下に位置するポイント。迷路のように続く参道と洞窟。

水深は10M以下で、空から差し込む光と合わさってとても神秘的でした。

ダイビング後は、出雲大社でもしっかりと拝んできましたよ。

ふざけているわけではありません。ええ決して。

誰かの記事を見たり言葉を聞いたりするのと、

ガイド岡本さんから海底遺跡にまつわる話を聞いて実際に見るのとでは、

感じ方や受け止め方が全然違います。

ダイバーにだけ許された場所で拝ませてもらえたというのもポイントですね。

またこの場所に挨拶に帰ってきたいと思いました。

長旅おつかれさまでした!

 

CHIYOでした(^^)/

TG5で撮影いたしました。

 神社の西に浮かぶ「経島(ふみしま)」から海に入ると、岩を削って作ったような一本の“道”が浮かび上がった。参道のような道は、島の海底からさらに、隣の島へと続いている。

 海底一面には、玉砂利を敷いた参道や階段、亀の形をした石など、信仰活動に使われたと思われる「海底遺跡」が広がります。
AQUA工房 http://www.aqua-kobo.com/TOP_peji.html

 

 

ドイツから来た古きダイバー

懐かしいダイバーを囲んで日本海 越前で潜ってきました。

学生だったマーチンは今や50代

8/23

約20年振りに、遠くはドイツのミュンヘンより日本に遊びに来られたマーチン

ご家族で石垣や九州を巡り学生時代を過ごした懐かしの京都へ

BOSSに会いに!っとなればDIVINGいきますよね?

ヨーロッパ特有の?「Summer Vacation」って言うのかな?いいなぁ~

平日と言うのに総勢10人!集まりましたね~(*’▽’)

先ずは、久し振りのDIVINGなのでビーチで水慣れから!

でも流石ダイブマスター!体に染み付いているんですね~(^^)v

もしくは、20年前にBOSSに相当しごかれたのかしら?ナンテネ♪

ビーチDIVINGでは今まさにNEWダイブマスターホヤホヤのCHIYOちゃんガイドでトンネルまで行きました~

マアジの群れや、クサフグ、人懐っこいイシダイにこれまた人懐っこいキュウセンにスズメダイ、ハギ、カサゴやヨウジウオ、コケギンポにウミウシと顔馴染みの魚たち💛

たっぷり、ゆっくり約60分潜水でした~

たっぷりのんびり泳いだ後はお腹もペコペコリ~

今日は豪華にお刺身盛りを頂きました(^◇^)イエーイ

そして二本目はボートで出港~⚓

アゼグリDEEPです(^▽^)/

こちらは最大深度25mのDEEP DIVINGの出来るPOINT

しかーし!大きな棚の上は広く平らで、海藻が綺麗にゆらゆらと草原の様な景色が広がり

私個人的にはジブリのナウシカを思い出すんです(^^) 海藻はオウムの出す黄色い触手イメージです(笑)

 

水深5m以下は透明度がぐんっ!と良かったですよ~

「越前ブルー」とまではいきませんでしたが、「越前まぁまぁブルー」でしたね(^^♪

季節回遊魚のミノカサゴも砂地でゆらゆらお散歩してたり、高級魚のキジハタが眠そうにホバリングしてたり

スズメダイの乱舞にとても賑やか且つ癒し系の海でした(´∀`*)ウフフ

 

そしてこの時期ならではのハマチの群れも見れました~!

大群では無いもののそこそこの大きさで何よりスピードが速いのなんの!

ビュンと音が聞こえて来そうな泳ぎっぷりでした~٩( ”ω” )و

いつかは巻かれてみたいなぁ~💛

 

壁岩浜にアカエイ出現

 

↑マーチン

次回の来日は再来年?位かな?との事

皆でまた再会を楽しみにしてますね(^_-)-☆

Always let’s meet again. Thank you.

 

AKIE