ムー大陸 ポナペ7日間 9月20日~26日

ムー大陸ナンマドール遺跡 ポナペ7日間

9/20(木)~26(水)

ミクロネシア連邦の主島、ポンペイ(ポナペ)島の東南に、ナン・マドール(現地語でナンマトル)という古代の巨石海上遺跡があります。その広さは東京ディズニーランドとほぼ同じで玄武岩で作られた大小92の人工島で構成されています。

1931年、J・チャーチワードは彼の著書「失われたムー大陸」の中で、ナンマトルこそが、12000年前に水没した巨大王国の聖都であると主張したことから、その名前は一躍有名になりました。

超古代文明、ムー帝国の首都と言う言い伝えもある太平洋の真ん中にある遺跡は2016年には、UNESCOの世界遺産リストに登録されました。そして自然による風化により危機遺産リストにも登録さました。

そんな遺跡のある孤島で潜ります。

9/20(木)UA150 KIXGUM 11:05-15:55 グアム泊
21(金)UA155 GUMPNI 08:20-13:07 到着後 観光 ポナペ泊

22(土)2ボートダイビング(ランチ付)+OP   ポナペ泊
23(日)2ボートダイビング(ランチ付)+OP   ポナペ泊
24(月)2ボートダイビング(ランチ付)+OP   ポナペ泊

25(火)午前中 観光
UA154 PNIGUM 15:26-17:55 グアム泊
26(水)UA151 GUMKIX 07:15-10:10

ポナペの水中

ラグーンと外洋を結ぶパス(チャネル)周辺では、バラエティに富んだ魚種・魚影が見られます!!海中は自然本来の姿に限りなく近く、近年はダイバーも殆ど入っていなかったため『手つかずの海』とも言える環境で珍しい『ブラックマンタ』に会える海です!!

私も20数年前に行きましたがそれは素晴らしくそのころに比べてもっと不便になり行きにくくなりました。その分自然も残っており視野一杯にあふれる回遊魚に逢える海です。(視野一杯に広がったギンガメアジの群れ追うバラクダーの群れ、それを追う海の頂点に立つサメの群れが目の前を通り過ぎていきました。 今でも思い出します。)

参考文献

水中写真家 鍵井靖章のポナペ

費用暫定 ¥280,000+諸経費(燃油、航空機保険料、関空利用料、現地空港利用料等)

関西からの航空券、ホテル6泊(ツイン)、ダイビング2div×3日、現地交通費

別途料金

食事代、飲み物代、OPダイビング、遠征費(アンツ環礁遠征ダイビング(入島料含):US$35
パキン環礁遠征ダイビング:US$60)条件が良ければ、

宿泊予定Island parms hotel(昨年オープンしたとても清潔なホテル)

Address Kolonia, Pohnpei, Kolonia, Pohnpei, Federated States of Micronesia

 

 

Access 空港から車で6分  町の中心地
Tel +691 320 2573
Fax +691-
E-mail
施設・設備等 映画ビデオレンタル、ギフトショップ、レストラン、エアコン完備、電話、冷蔵庫、ケーブルテレビ、

昔のポナペの動画(テープからDVDに) PSCの創成期

ドローン撮影