今年もありがとうダイビング

潜り納めは和歌山みなべでお鍋で締めくくり

12/29(金)

ありがとうございました2017年

今年は参加者の都合がつきにくく少し集まりが悪く残念でしたが?

海はここ数年でとてもきれいで最高でした。

まだ真っ暗な5時前に京都を出発し8時過ぎには到着~ずっと高速で近い近い!

出航~(∩´∀`)∩

天気も良く前日までの風はこの日の為にか弱まったそうで!

寒さも意外と感じません(^^)/

ボートは貸切で広々使えてラッキー

今日のポイントは『南部出し&ミサチジマ』

様々なウミウシ達が出て来ましたよ~

そしてトラウツボにガン飛ばされニシキフウライウオのラブラブカップル❤

棚の上ではおっぱいイソギンチャクにクマノミものんびりしてました~(≧▽≦)

皆のドアップ~!

そしてカップルと言えば!

フリソデエビ~(V)o¥o(V)

岩の隙間に二人で仲良く年越しかな?いいなぁ~

透明度も8~9m位あり水温は16℃弱

ま、言うても地上より暖かいのですね🌸

50cm位の大きなハリセンボン!超、人懐っこかった。

 

2本続けて潜った後は、恒例のお鍋♪

何から食べていいのやら?イセエビの出汁が効いててお腹はち切れそうな位頂きました(;’∀’)

それでは2018年もまた宜しくお願いします(*^^)v

皆様とまた海でお会い出来るのをスタッフ一同楽しみにしております<(_ _)>

AKIE

 

インドネシア、レンべ7日間 7月13日~19日 

7月連休に行くインドネシア、レンべ島7日間

resort07

日時 2018年6月29日~5日 実質6日間

金曜日仕事を少し早く終わり京都駅19:50発の電車に乗り込めばギリ間に合います。交通費¥3,000程

7/13(金) 21:30関西空港4Fシンガポール航空カウンター集合

7/13(金)SQ623 関西/シンガポール 23:25/05:05+1

7/14()MI274 シンガポール/メナド 09:45/13:15

7/15()3ボートダイビング

7/16()4ボートダイビング

7/17(火)2ボートダイビング

7/18(水)MI273 メナド/シンガポール 14:00/17:30

7/19(木)SQ618 シンガポール/関西 01:25/09:50

resort01

暫定価格 ¥220,000+諸経費

航空券、ホテル(ツイン、プール、ジャグジー、ホットタブ)、リゾート滞在中の全食時、ホテル送迎、ダイビング(9ボート) 募集人数8名

442974_130220161552_STD442974_130220161553_STD442974_130220161556_STD

442974_130220161557_STD442974_130220161604_STDresort03

深夜便でシンガポールからメナド(インドネシア)にいきます。

世界屈指の広大な珊瑚礁により、ここ数年、世界のマクロ派ダイバーの憧れの地(レンベ)。

resort06

レンベ(Eco Divers Resort Lembeh)

宿泊予定http://www.eco-divers.com/lembeh-cottages.php

レンベ海峡 エリア    レンベ海峡は、スラウェシ島最北部の東岸に位置します。

その海中環境の地形柄 ベントス(地底徘徊生物)多様性、世界的にももっとも肥沃な海の形態を持っ ていると言ます。

リーフフィッシュの魚種や個体数も豊富で、波もなく流れもなくナイトロックスダイビングでリラックスしてダイビングが 楽しめます。

DSC00799DSC01138DSC03269

DSC03323IMG_1105P2010455

スラウェシ島本島と、その西にあるレンベ島に挟まれた全長16kmの狭い海峡には、沈船2つを含む約50にも及ぶダイビングポイントが点在しています。

ほとんどのポイントが、砂泥地の傾斜のあるパッチリーフ。ここ には、奇妙かつ、すばらしいマクロワールドが存在します。

ガレ場の石などをめくると、ミミックオクトパス、フランボヤンカトルフィッシュ、 ハーレクインシュリンプ、スケルトンシュリンプなどが隠ていたり、ピグミーシー ホース、クカトゥーリーフフィッシュ、スターガイザー、フロッグフィッシュ、 各種ウミウシなどが豊富に棲息している。 また、北スラウェシ半島部分の火山性のリーフの部分は、世界的にもかなり珍しい生物たち、 ペガサスゴーストパイプフィッシュや、バンガイ島の固有種のバンガイカーディ ナルフィッシュ(プテラポゴン・カウデルニー)などの棲息する海域でもあり、 マクロ派ダイバー延髄モノの生物の宝庫だ。

メナド(レンベ)関係資料

<http://www.youtube.com/watch?v=63KNSnzZPls&feature=relate>

<http://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g297721-d582163-Reviews-Kima_Bajo_ Resort_Spa-Manado_Sulawesi.html>

<http://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g680020-d1740652-Reviews-Eco_Divers _Lembeh_Cottages-Bitung_Sulawesi.html>

<http://www.eco-divers.com/news/>

 

12月の和歌山ダイビング

12月の和歌山ダイビング

12/10(日) 土曜日夜発の串本3ダイビング

19時京都発の23時串本着でゆっくり睡眠

早朝6時に起床でモーニングビーチダイビング

水温19℃ 晴天 透明度15m 串本は暖かい!!!

1ビーチ+2ボートしてきました。

可愛い女学生さんは初ドライでも完璧にダイビングされていました。

12/16(土)17(日) 寒波到来白崎海洋公園OW講習

台湾からの留学生講習 透明度5m

寒波襲来でプールは24℃でしたが海洋は16℃しかしドライスーツで寒さは平気でした。

隣でウエット+ベストフードのダイバーさん達はみじめで少しかわいそうかな!

初めてのドライでも講習生は水没無し。 今度は暖かい海で潜ってください。

少し感じたこと 台湾の青年はガッツある?日本の若者も台湾の青年に負けないように頑張ろう!

宿泊はストベリーファーム 温水プールとタテゴポイントで講習でした。

奇跡の海 ラジャアンパッド 9日間 2018年 3月3日~11日

奇跡の海 ラジャアンパット 9日間

2018 3月3日(土)~3月11日(日)

ナショナルジオグラフィック誌に「インドネシアに無数の生命が溢れる奇跡の海が広がる」と紹介され、現在世界で最も注目されるホットな場所の1つです。
2001年に調査で970種の魚類がと450種以上の造礁珊瑚が確認され、続く2006年行われた調査では1300種近くの魚類、600種の珊瑚(うち9種が世界初)、700種の軟体動物が確認された事よりナショナルジオグラック誌に紹介されるに至りました。
現在も調査は続き今だ新種生物が続々と発見される生物の宝庫と言われる場所です。

暫定スケジュールを掲載します。

 豪華帆船 クルーズ船  部屋にトイレ温水シャワー付き
15DIV付き 平均水温28-29℃
生息環境がすばらしい!広く海岸に接したサンゴ礁や、急に深くなる海、
栄養たっぷりの湧昇流が上がってくる入り江、
海底の砂地やマングローブの林など、すべてが昔からほぼ手つかずのままなのです。

 


3/3   GA883 KIX/CGK 12:00-17:25
GA658 CGK/UPG 20:20-21:00
3/4    GA698  UPG/SOQ 03:30/06:45

関空からジャカルタそして国内線を乗継インドネシア領西部ニューギニアへ(ソロン)
着後クルーズ船に乗船

期間中 15DIV行ないます。
途中島に上陸して自然を楽しんだりします。
ナイトロックスダイビングできます。

3/10 GA691 SOQ/UPG 12:25/13:35
3/10 GA659 UPG/CGK 14:45/15:55
3/10 GA888 CGK/KIX 23:25/08:15+1

費用 ¥実費精算+諸経費 募集人数若干名

訳はスタッフも自費でも行きたいから!! 原田

ダイビング&観光(極楽鳥島へ上陸)

 IMG_1625

使用予定のクルーズ船

 

設備とサービス

台北経由ダイバー天国パラオ

龍馬号で行く台北経由パラオ 6日間

チャイナエアー(CI)でパラオに行ってきました。

関西からパラオに行く方法は通常グアム経由ユナイテッド(UA)かソウル経由の大韓航空(KE)ですが両社は復路便の時間が悪く疲れましたがチャイナエアーは復路台北で1泊しますがとても体には楽でした。

12/2(土) 関空/台北 10:20/12:20 台北/パラオ 13:15/18:15
12/3    3DIV
12/4    4DIV
12/5    3DIV+泥パック
12/6    パラオ/台北 19:05/21:45 台北泊(空港横 ノボテル 台北

12/7(木) 終日観光 飲茶等
台北/関空  17:20/20:50(最終便)

ダイバー羨望の双胴船龍馬号で潜ってきました。

広い船内にダイバーが必要な施設が整った清潔な船は最上階にはジャグジーも完備し快適です。

クルーズ中のポイントは

1日目

1. グラスランド
2. シアス・トンネル
3. ウーロンチャネル

2日目
1. シアス・コーナー
2. ブルーコーナー(マクロ穴コース)
3. ビッグ・ドロップオフ
4. ジャーマンチャネル(捕食マンタ狙い)

3日目
1. ブルーコーナー
2. ブルーホール
3. マリンレイク

今回 印象的だったのは
2日目のシアスコーナーでの
シルバーチップシャーク×3匹

と!!

2日目のジャーマンチャネルでの
グルグル捕食マンタ!!

以上メインガイド 加藤氏弁


パラオと言えばバラクダーの群れ”

ナポレオン、マンタ、オオメカマス

ブルーリーフシャークにマダラトビエイ、巨大イソマグロ

停泊中の船には一晩中マンタが寄り添っていました。

水中にカメラを入れて撮影。

ご存知ブルーホール

マクロもすごい” 少しもったいないような気がしますが?

今にも孵りそうな稚魚がわかりますか?

マクロ撮影者 S嬢

ラストダイブはマレンレーク入り江奥深くに守られ神秘的な塩水湖

水中倒木が神秘的な風景を作り出します。

TG5で撮影

入口付近は水深2mもない水路を入ります。最大水深7mもないまるでタイトプールのようなマクロパラダイスです。今回私は初めて潜りましたが1日いても飽きない所です。私はもっぱら水中風景(わび・さび)に夢中でした。
店に良く来られるO夫妻が絶賛しておられていたのが少しわかったようでした。

美肌効果 パラオ名物 泥パック

ツアー中 74歳を迎えられたPSCの長老 O氏

パラオのラストナイトはホテル横の夢で盛り上がり”

どこまで飲むの!

台湾の乗り継ぎを利用してマイクロバスをチャーターして半日観光です。

台湾名物アイス

観光はお寺一軒のみ長野から参加のTさんはおふざけが過ぎガイドさんに注意されていました。

少し怖い、おば様ガイド

龍山寺Longshan Temple

ノボテルは良いホテルです。(ノボテル 台北 桃園 インターナショナル エアポート)
空港から無料送迎シャトルバスがあります。

テイタイホン本店で待望の食事?

鼎泰豐(ディンタイフォン)は小籠包が看板メニューの点心料理店

こんなもんですね!

お疲れさまでした。

参加者のくぼっちさんが360℃カメラで撮影された水中動画 素晴らしい””彼は水中の魔術師か?

不思議な世界をご自身で確かめてください。動くよ!!!

 

 

 

 

 

インターナショナル海洋講習

ライセンス講習の2日目はドライでチャレンジしました。

何とインターナショナルな講習生たち

日系アメリカ人、韓国人留学生、日本人

皆様元気に初ドライで講習されました。

 

11月7日(火)南越前ダイビングパーク AKIE担当

11月に越前で講習したのは初めてでしたが

お天気は快晴波は少々うねり有り・・・な海況に果敢にも挑戦してくれた若き乙女!

女子二人でOW講習仕上げに行って来ました(*^▽^*)

天気良いしね!11月にしては日向はまだ暖かい日でした。

しかも初めてのドライスーツ!

いざ!

体が濡れないdivingって不思議ですよね¡?

一本目でいたく気に入ってくれたドライスーツ♡脱ぎ着や簡単な浮力調整に慣れれば最高よ~(*´▽`*)

なんてランチタイムで話してました

でもこの日はお昼過ぎから風が出て来てうねりがきつくなってきたので

お昼休憩もそこそこに二本目へ

残念ながらミニダイブをしても魚達がほとんど居ない・・・( ノД`)シクシク…

ちょっとさみしい講習でしたが、講習生はバッチリ!!!

海から離れた所で育った彼女ですが、これからは大好きな海がグッと近づきましたね

私のミスで水没させてしまったのはほんとにごめんなさい( TДT)ゴメンヨー

責任をもってドライスーツの魅力をもっとお伝えします!

 

魚が居ないからヒトデと お疲れ様でした~(≧▽≦)

 

 

11月25日(土)白崎海洋公園 HARADA担当

気温13℃水温18℃波少し、透視度7mで白崎としてはGood

新しくなったタテゴビーチのエントリーのハシゴもばっちりみえますね~

何より魚達が沢山!!いいなぁ♪

そう言えば・・・HARADA先生の英語は分かりましたかぁ???

でも水中では言葉は関係ないですもんね!

にしてもこの透明度はかなり良いコンディション(^_-)-☆

どうですか?この最高の笑顔!

三人の若いダイバーが誕生しましたよ~

一日目ウェットスーツからの二本目ドライスーツと経験され

これから一年中divingできますね(≧▽≦)

お疲れ様でした!また同期皆で海で会いましょうね

sea you again

 

白崎海洋公園からのお知らせ 温水プールは12/26~2/28までお休みです。

 

 

神秘的な和歌山県白浜ダイビング

神秘的な和歌山県白浜ダイビング

11/12(日)

ライセンス講習以来初めて海で初めてのボートダイニング2名と初めてのドライスーツ使用のオーストリア留学博士の総勢5人で晴天ですがうねりが残る白浜に行ってきました。

晴天、波あり、気温18℃、水温20℃

透視度 沈船ポイント5-7m、エドセ2-4m

初めてのドライでアドバイスを受ける留学生(コーチchiyoDM、英語?)

講習でビーチしかやられてないのにとてもお上手(担当OWイントラは優秀、残念ながら他ショップ講習)

最大水深18mに鎮座する沈船は迫力満点でした。

終了時のセフティストップも完璧

空は素晴らしいのにね! 2-3日前の低気圧の雨と風で水中コンデションは良くなかったですが?2-3日で回復するそうです。

エドセの水中風景 神秘的!写真アーチの中

今回は講習後初めてのダイバーにはウエット、フードベスト、インナーでした。私にはちょうど良かったですがこれからは近場ウエットは来年までお預けですね!

ドライ組は水没もなく最高みたいでした。 コーチが良いかな?

これからはドライスーツの出番です。

お疲れ様