パプアニューギニア(PNG)2019.6.6.29-7

南半球パプアニューギニア(PNG)
企画中

このツアーはPSCでは初めて企画したビッグツアーです。ワイドワイドです。

遠い昔旧日本軍の海軍司令部がありで映画 “永遠の0” の舞台になったことで有名なラバウルで潜ります。

暫定 2019年 6月29日(土)~7日(日) 9日間

(モデル)
6/29 PR897  関西/マニラ       15:05/21:00
6/30 PR215 マニラ/ポートモレスビー  00:30/08:20
ポートモレスビー/ラバウル

7/01  2DIV
7/02  2DIV
7/03  2DIV
7/04  2DIV
7/05          2DIV

7/06      ラバウル/ポートモレスビー
7/07  ポートモレスビー/マニラ  09:20/12:45
マニラ/関空        14:25/19:15

暫定費用 ¥未定+諸費用(燃油、空港使用料等)
関西からの飛行機代、ホテル7泊(ツイン)、ダイビング12本、お弁当4、

別途費用
食事代、その他、

国内線でポートモレスビーから1時間半。
旧日本軍の基地などは既に観光地化され、街並も整備された美しいニュータウン (ラバウル)はパプアニューギニアの中でもかなりお勧めのスポット!
レックやゼロ戦好きはもちろんのこと、透明度30mを誇る外洋ダイブには大物、群れ、マクロなんでもありのダイビング天国!
浅瀬のポイントにはマクロ系がひっそりとダイバーの訪れを待ち、フォト派にも満足できるダイビングを楽しむことができる。
ダイビングをしない日は 戦跡博物館や旧日本軍の病院跡地など、日本人であれば一度は訪れておきたい場所も充実している。
外洋ダイビングもレックダイビングも観光も楽しめるダイビングスポットは数あるが、その中でも、ラバウルは間違いなくNO.1の充実さを誇るポイント!

ベストシーズンの7月に計画しています。水温&気温28~30℃で快適に潜れます。

ラバウルの湾の海を一望でき、旧ラバウル市外を襲った活火山も一望ができるロケーション抜群の宿。
レストランは基本中華がお奨めで、カウンターバーでお酒も飲める。WIFIはここで利用可能(有料50キナ)。
プールも兼ね備え、ダイビングはボートで迎えに来てくれる

暫定 ココポ・ビレッジ・リゾート -Kokopo Village Resort-
P.O. Box 269, Kokopo
TEL:982 9096

上記の写真はすべてネット上からお借りしています。ありがとうございます。