フィリピンサファリダイブ

サファリダイビング5日間

セブ島(オスロブ、スミロン)ネグロス島(アポ島、ダーウィン)の旅

11/22(木)~26(月)

セブ空港から陸路4時間でオスロブ、翌朝世界最大の魚類ジンベイザメダイビング、海洋保護区のスミロンでギンガメの群れそれから陸路、海路、陸路でフィリピンの古都ドマゲッティへ最終日はドマゲッティ空港からマニラ経由で日本へ

今回はとてもこじんまりと総勢5人で行きました。

我々の足となったスーパーカー(さすがフィリピン、シャーシーも長くなり足回りも強化)

オスロブでは世界中から観光客がジンベイザメに合いに来れます。ツアー費と別に1500ペソ(約¥3500税金として支払います。

オスロブの透明度の良い海はダイバー、スノーケラー、観光客でにぎやかです。

ここでは決まったように午前中ジンベイザメが何十匹集まってきます。

ドマゲッティのサンタモニカ ビーチ リゾート
Sta. Monica Beach Club

グループですので3LDKを予約 リビングに寝室3室(バストイレ付)

プールもきれいでした。

海洋保護区のアポ島迄バンカーボートで約30分

珊瑚が生き生きして素晴らしい!

午後はスミロン海洋保護区へここは回遊魚の群れが見られます。

ダ―ウインの海洋保護区 チンアナゴが

アポ島海洋保護区

めでたく記念ダイブをアポ島で迎えられたYKさん

おめでとうございます。

フルーツマーケットは安くて感激”

お世話になりました先輩ダイバーのカンガルーツアーの藤平さん何とお年は70歳越え”””

ありがとうございました。

ドゥマゲッティはフィリピンの中でも、年間を通じて雨の少ない地域であり、ダイビングの日は毎日快晴、日が射した海の中はキラキラとしていつまでも飽きることなく潜っていられます。
バラクーダ、ギンガメアジ狙いの流れが早いポイントもエキサイティングで楽しかったです。バラクーダには数匹出会えたのみだったけど、初めてのダウンカレントで不思議な感覚に襲われながらも、ギンガメの群れに興奮でした。

ツアー期間中、毎日朝から夜遅くまでガイドしてもらったフジヒラさんに感謝ですね。体に気をつけてこれからも頑張って頂きたいものです。ありがとうございました。 CHIYO

 

 

 

 

関連ブログ: