とってもマクロのアニラオ4日間

マクロ天国 アニラオ

バタンガス州アニラオは、マニラから南へ車で約3時間、長い歴史を持つダイビングエリアです。
この水域は外洋に近いため絶えず新鮮な海水が出入りし、多種多様な珊瑚とそこを住処とする多数の水中生物(エビカニ)マクロで有名です。

マニラ国際空港と宿泊施設間(ASDC)のトランスファーは車で約3時間、今回もタガログ語が達者な語学ガイドK氏と行ってきました。

10月12日(金)~15日(月) 4日間 7DIV(ナイト含む)

マクロが有名と言ってもまぁそこそこだろう

と高を括って、でも初めての海はワクワクするわけで。

見事!というべきか裏切られました。

私が大好きで、みんなにもぜひ見ていただきたい

コールマンシュリンプ登場~!!

水深わずか8mですよ。

こんなにラッキーな出会いはありませんね。

そして、この子”トゲツノメエビ”

見れるかもしれないという情報をGETし、リクエストしてみたものの、現地オーナーも「1度しか見たことないよ。」と言われ、、、でも「ガイドにリクエストしてみてね。」って。

やっぱりこのエビに出会うのは難しいのか。。。

と諦めモードでスタートしたFirstDiveで、ガイドさんが必死に呼び寄せるんですよ。

え?何?とダッシュしたところ、で~ま~し~た~~~~!

念願のトゲツノメエビ(Tiger Shrimp)

感動した、このフォルム、凄いね。こんなところに目があったんだ。ってじっくり観察しましたよ。

ブームになりつつある?ホヤも色とりどりで綺麗でした。

人気者も沢山、ナイトダイビングでは闇夜に輝くイカにタコ

老眼組には、とっても厳しいウミウシも沢山いましたよ。

アニラオのガイドさんは、カニ・エビ・ウミウシが得意なんですね。

沢山紹介していただきました。

ナイトダイビングはとにかくイカがいっぱいいました。

それも色んな種類のイカがね。

一部の方は、昼間よりナイトの方が楽しいとまで言ってましたよ。

エビは夜行性なので、夜になると外に出てきて写真も撮りやすくなるんですよ。

1ダイブはワイドの場所も潜りました。

少々流れがあったので、ハナゴイ類の乱舞がとっても綺麗でしたね。

水温28℃、ずっと晴れ

透明度15M~20M

毎ダイブ60分オーバー

楽しいダイビングでした

このトライシクルに運転手+5名乗って買い出しへ

語学ガイドK氏のお蔭で安心して乗れましたよ!

いいですねこういう経験できるって。

お世話になったローカルサービス

アニラオ スキューバ ダイブ センター
ASDC(Anilao Scuba Dive Center )

ご参加いただきありがとうございました。

関連ブログ: