ロンブロン島の神秘

マクロ王国 フィリピンの離島ロンブロン島

7/02~9 8日間

7/02   PR 407 KIX/ MNL 09:55/ 13:30
マニラ/バタンガス バン2時間
バタンガス/ロンブロン フェリー 21:00/06:00+1
7/03  ロンブロン 港着 10分でお宿  3DIV
7/04  3DIV
7/05  3DIV
7/06  3DIV+ナイトDIV
7/07  観光
ロンブロン/バタンガス  フェリー 2名 20:00/06:00+1
7/08  バタンガス/アニラオ 08:00着 3DIV
7/09  アニラオ/マニラ
PR 408 MNL/ KIX 14:25/ 19:15

行きの飛行機が遅れましたが、深夜便フェリーのため、時間は余裕。
通訳の柄澤さんのおかげでスムーズに乗船。

個室のため快適~!

4時頃から放送で起こされましたが、睡眠はばっちり。

Romblon Fun Divers & Inn(ロンブロン)
Magallanes Street Barangay I – Poblacion Romblon
Postal Code : 5500

ホテルの目の前から出航です。

さぁ~マクロだ!

(ツアー参加者より写真いただきました!)

 

 

 

 

イトクズメリベ

通称ゴーストウミウシ

つづいて雑誌にも載ってる有名なこの子

クロスジウロコウミウシ

通称タイガーバタフライ

成長しても体調20mmにも満たないマクロな海牛

外側は縞々、内側は水玉模様なんです。

よく見ると目もある。

ハナビラウロコウミウシ

小さい子シリーズ

通称シープヌーディ

ガイド『次は米粒大のウミウシです』

いやいや米粒大ないし!ちっちゃ!

思わず海で叫んでしまったよ。

しかもよく動く~!こどもはあたまが大きくて可愛い( *´艸`)

 

450本 記念ダイブおめでとうございます!

お次はロンブロンのブルーホール

1回目は流れが強すぎて断念

2回目でようやくエントリーできました!

ランチは船の上ではなく、毎回島に上陸し、

貸し切りのリゾートで美味しいお食事をいただきます。

お昼寝したりプールで泳いだり。

ここ宿泊もできるそう。次はここがいいな~(*^▽^*)

 

オーナーご夫妻とメインガイドのジャイアン(ジャイロン)

 

一日観光はお馴染みトライシクルでの移動です。

ロンブロン島の沖には旧日本海軍の大和と並ぶ巨大戦艦が横たわっています。 合唱””

 

 

すぐそばのビーチに行くつもりが、島一周してたり、

坂道が上がれず、歩かされたり、、

いろいろありましたが、南の方は本当に手つかずの島の景色が広がっていました。

そしてダイビング5日目はアニラオにて。

たった1日なのに写真が多すぎて整理が大変!

さぁ御覧くださーい!

トゲツノメエビ

コールマンシュリンプ

 

 

 

 

探せば必ず何か見つかる楽しさ。

アニラオダイビングセンター
anilao scuba diving center

  

 

オーナーのジーナさんと通訳兼ダイバーの柄澤氏

正直1日じゃ潜り足りません。

実は、今回全員が、新しくライトやカメラなどを新調していくという

意気込みっぷり。

マクロドはまりですね!満足いく写真は撮れましたか~?

少し寒くなる2,3月がウミウシベストシーズンらしい。

これはまた行かなきゃですね~!大活躍のリングライト”””

 

ダイビングポイント名

7/3

1.Bang OG South
2.Seahorse Hotel
3.Sunset Cove House Reef

7/4

1.Blue Hole
2.Blue Hole
3.Blue Hole
4.Suboc

7/5

1.Logbon Canyon
2.Logbon Ghost Valley
3.Santa Maria

7/6

1.Sunset Cove House Reef
2.Magnificat
3.Cueva
(ナイトダイブ)Santa Maria

 

7/8(アニラオ)

1.Hidies
2.Same Same
3.Basura

chiyo

関連ブログ: