冬のあまみ加計呂麻島4日間

初潜りは日本の秘境と言われている

奄美の加計呂麻島に行ってきました。

1月13日(土)~16日(火)

各自がLCCを手配して関西空港に集合して初潜りに行ってきました。

奄美空港からレンタカーを借り陸路約2時間30分(昔は4-5時間)で古仁屋港へここで水上タクシーで加計呂麻島へ

公共交通で同日入島できない地域そのため今でも秘境と言われている由縁ですね!

芝生の向こうは手つかずの海、(お宿の中庭)

奄美大島南端の街・古仁屋(こにや)港からフェリーでさらに20分ほど渡るとたどり着く人口約1400人の島。リアス式の複雑な海岸線が織りなす島影が美しい加計呂麻島は、まるで一つの森のように緑豊かな山が連なり、その小さな入り江ごとに集落があります。陸も素晴らしいですが海の中はもっと素晴らしいです。

自然があらゆるところで残っており今でも生物研究者が後を絶ちません。

RIKI号を貸し切りでダイビング トイレ、温水シャワー、保温対策カーテンが付いたダイビングボート

15日には天気海況も良く 今年初の外洋ポイントアマミホールに行ってきました。 水深40mにある地形ポイントで太陽が差し込むとその雄大さと荘厳さにここは日本ではないと思うほど! 40m付近にはピグミーもいます。

水中集音機でマッコウクジラを探るリキさん 2月~4月までホエールウォッチングができるそうです。詳しくはお問い合わせを”

 

青空が夏のような海 ウエット+ベストフードで潜れますが? 快適さを求める現代ダイバーはドライスーツをお勧めします。 ちなみに水温は21℃でした。 気温12-16℃でしょうか!

この1年で100DIV以上を潜られめでたく200DIV達成のDMさん

管鈍通り池 岬の陸にある池が海にトンネルで繋がってる不思議な場所です。 光のシャンデリアが素晴らしく冬ならでわの透明度で楽しめました。

加計呂麻動画 TG5

PSCの長老もまだまだ元気です。

これは360度カメラはすごい KUBOTA撮影編集

ペンションRIKIの前菜 お魚尽くしで私には参った”と思ったのは自分だけでした。

復路空港には時間的余裕がありたのでマングローブの群生最北端でカヌー体験 入場料込みの¥2,000はお得でした。

天候も良く干潟に上陸、素足の感覚がたまりません”

奄美大島住用道の駅

今年も皆様安全に楽しいダイビングができますように!

最後に参加してくださった皆様及びリキダイビングの方々ありがとうございました。

関連ブログ: