晩秋の白浜沈船

晩秋のレックダイビング&その他

11/10(土)~11(日)

和歌山白浜

沈船は、水深16m付近の砂地に、タグボート(長さ約30m)でキャビン(お風呂もあり)や操舵室にも入ることができます。

沈船は魚もうじゃうじゃでした。

マアジにびゅんびゅん突っ込む捕食シーンもばっちり見れました。

「ちょっとーちゃんと前見てよ!!」

って言いたいくらい、人がいるのも気にすることなく突っ込むので、ぶつかるのではないかとヒヤヒヤしましたよ。

(まぁ、ぶつかることはないでしょうが。。。(笑))

みんな思い思いのところに入って、探検してました。

風は少々強く、波が立ってましたが、、、

見よこの青空!ドライがとっても快適でした。

次は皆さんドライにチャレンジかな??

ゆっくり落ち着いて見ると、こんなかわいこちゃんも沢山いましたよ。

今回の参加者の多くは大学の関係者だったので京都大学白浜海の家に泊まってきました。施設は清潔で快適でした。

夕食は学生たちは自炊でしたがちょっと余裕があり美味しいものとお酒が飲みたいアダルトチームは居酒屋さんへ

シニア組は2日目もダイビング昨日と変わって穏やかな海

1本目は沈船、2本目はエドセ(アーチポイントです)

一方若者チームは、2日目は観光です

まずは京大白浜水族館へGO

生物が大好きな学生たちはかぶりつきです

マンタやジンベイザメによくついてる、コバンザメのてっぺん見た事ありますか?

上手い具合にガラスにくっついてくれました。

へぇこんな風になってるんですね。

彼が研究している貝も展示してました。

そんな彼の案内で、特別に”バックヤードツアー”へ連れて行っていただきました。

こんな感じで色々な実験をしているのを説明していただいたり

魚にあげる餌の説明をしていただいたり、みんな興味深々でしたね。

表から見るとこーんな大きな魚が沢山入っている水槽

(この水槽前から15分以上動かなかった事は言うまでもないw)

バックヤードでは上から見えるんですよ~

次に向かったのは千畳敷

良い天気で気持ち良かったなぁ

こんな舞台が準備されてたらやるよね~JUMP♪♪

こんな場所でも学生の皆さんが向かった場所はここ

何やらじっくり観察してましたよ。

30分近く動かなかったw

こんな方々と濃厚な2日間でした。

ありがとうございました。 SAYA

関連ブログ: