2013年の蛍光イソギンチャクは?

2013年の蛍光イソギンチャクは?

蛍光イソギンチャクとマクロ調査にみなべへ行ってきました。

 DSC00039
楽々コースと言うことで、今回は土曜日19時ごろ出発。
途中夕飯を食べて、みなべへ到着は22:30でした。
GW突入してましたが、道はガラガラやっぱ夜出発いいですね。
お宿でゆっくり休んで、朝は波の音とともに起床!外はぴーかん海も凪で最高の朝を迎えましたよ~。
午後からは少し風が出てきましたが、水温も18度と快適ダイビングでまたまた3ダイブ行っちゃいました。

umiDSC00026

さてさて、1本目はショウガセに入りました。
水深40mに広がる蛍光イソギンチャクことオオカワリイソギンチャクにトライです。
深くなるにつれ、段々と周りが暗くなってきた。
その時、光輝く宝石のように目の前に登場しました。

DSC00040
透き通るようなボディーはとっても美しかったですよ。
でも何せ深いので時間との戦いです。
納得のいく写真を撮るにはイメージトレーニングが必要ですね。何度もトライしてみたくなる被写体でした。
_MG_2988

とってもかわいいハナイカにも出会いました。
一生懸命岩に擬態しているのでしょうが、ばれちゃいましたね。
威嚇すると色が黄色やピンクになるので、さらにばればれ。
派手な色合いが人気の秘訣でしょうか?
_MG_3024_MG_3018

ぱっと見たらウミウシ?って思っちゃうんですけどねホソテンロクケボリと言うタカラガイの仲間です。
水玉の外套膜が美しい!!これで貝自体を守っているのですね。
テンロクって点六ということで、6個の点が名前の由来でしょう。
えっ??水玉に点々もっといっぱいありますけどぉ??
これはきっと貝に6個の点があるのでしょうね。海上がってから名前がわかったので海の中では貝まで確認してませんでした。
P4280065
これなんだか分ります?イソギンチャク?ウミウシ?ゴミ?
いやいやハナガサクラゲです。
この写真では分りにくいですけど、ちゃんと中央はくらげの傘がありました。
そして、細い触手の先端は鮮やかな蛍光の黄色と紫でなんとも美しいクラゲでした。
これにエビがついていることがあるんですって。
今度はそれ狙おう!!
 _MG_3074

その他、ウミウシやクラゲについて泳ぐ魚などなど沢山見れましたよ。

P4280127P4280116P4280096_MG_3056_MG_3010P4280077

素敵な動画も出来ております。
是非ご覧ください。
★マクロ編★

ヒメオオメアミ、 ちょっとした窪みや穴を覗くと数十匹で集結しているのが見られ、中には黄色や緑もいたりする。ちなみにアミはエビみたいな生き物。着底して暮らすのがエビ、水中を浮游しているのがアミです。
★ワイド編★

次回の近場ツアーは5月8日(水)越前です。
まだまだダンゴウオも見れますし、一緒にお宝探ししましょう。
カメラなどお貸しします。

早くも梅雨明け西表島 6/23-26 まだ航空券に残席あり。6/3

  日本の秘境西表島6/23-26

image3saya1

日本で一番早い梅雨明けの地域でこの時期珊瑚の産卵、そして大物遭遇率が上る大潮に当たります。

なお条件が良ければ 『仲ノ御神島』、通称『オガン』への遠征ツアー可能です。

saya2

そしてほとんどの方が体験していない特殊なダイビング (汽水域やマングローブ域)出来ます。

216015_108908109193999_112945_n

活き活きとした珊瑚を見渡せる抜群の透明度!
大物からマクロまで何でもありの西表へLet’s GO!

 

LCC(ピーチ)使用   6月15日から石垣線就航

6/23(日)関西/石垣 07:10/09:50

     昼頃 西表島着 OP2ボート(珊瑚&マクロ)可
6/24   終日 ダイビング おがん方面(ワイド) 2 ボート+1 OPダイブ
6/25   午前中 2ボート(珊瑚&マクロ)  夕刻 石垣島へ
6/26(水)石垣/関西 10:20/12:50
暫定費用 ¥107,000 6/3現在の価格  航空券、民宿2泊(2食付き)、ホテル1泊(朝付き)、高速船代、4ボートダイビング
日に日に航空券代は変化します。もちろん売り切れればツアー募集終了です。
注意事項
LCC利用ですので席は早いもの順です。売切れ次第募集終了です
申し込み時からキャンセル料が発生します。約¥30,000~
航空券代は取れた時点で決まります。(残席が少なくなると高くなります。)
荷物は前もって現地に送ってください。片道 約¥2,000
関西空港には早朝車で移動します。
5・30現在8名参加確定です。

IMG_2240IMG_ 701IMG_1926IMG_ 604image1image2

 

人数限定です。 お早めに申し込みください。

GWみなべダイビング 4/27夜-28

GWみなべダイビング 4/27夜-28

日時 2013年4月27日夜発~28日

GWに近場のみなべツアーを企画しました。
土曜日の夜出発だから、日曜日だけの休みでOK!
一緒に蛍光イソギンチャク&マクロ三昧しましょう!

DSC00443

¥28.000(前泊、2ボート、お弁当、ガイド込み)
27日(土)20時頃京都を出発し前泊いたします。
ドライスーツ、水中カメラ 無料レンタル可能

海況が良ければ、水深40mに広がる蛍光イソギンチャクを観察。
その後はマクロの宝庫でじっくり撮影&観察を。
大物も出現するかも????レア物の出現はあなたの運しだい!!
GWのスタートを満喫しましょう。


 

魅惑の越前 ナイスショット!

コケギンポ登場 越前海岸2013/4/16(マクロ新天地)

マクロの新天地、越前海岸を今回も攻めてきましたよ。

       P4160201
天気は晴天でしたが、波が高く。。。。
気温は23℃でしたが、水温は12℃を下回る。。。。
陸では遠くまで見渡せるが、水中は透明度5mと。。。。
良いコンディションだったのか?悪いコンディションだったのか???

こんな海況でしたが、あつ~い越前の海に魅了されて、ついつい3ダイブ!!
飽きるどころか被写体がいっぱい過ぎて毎回60分オーバーなんですよね。
減圧も出すかという勢いで、夢中になっちゃいました。
それでは、寒いなんて考えている暇を与えない越前の海をご紹介します。

1枚目の写真は、眼上に皮弁がある”コケギンポ”ですよ。
女性の皆さんには魅力的なロングまつげですね。
正面から見るとふっさふさなのがよくわかります。
岩肌の小さな穴にひっそりと住んでいるので、なかなか見つけにくいですけど、見つけた時にはやった!!ってなりますよ。
そして、じっくり撮影していると口を大きく開けて威嚇してきたりもします。
ず~と眺めているとあっという間に時間が。。。次に行かなくっちゃ。

P4160203

お次は”タツノオトシゴ”です。
体長5cmくらいですかね。
海草にしっぽをくりんと絡めて、必死にしがみついてましたよ。
しかも、3匹もいたんです!!
横からの写真が多いですが、今回は斜め上から正面をってのもいいかな?
「な~に~?じゃませんとってや~。」って語りかけてるみたいやん。So Cute!!

 P4160187

もちろん、アイドルの”ダンゴウオ”も健在ですよ。
以外に沢山いるので、慣れてくると自分でも探せるようになるかもね。
今回は赤色バージョン。
 P4160154

そして、黄色バージョンもね。
やっぱり、正面がかわいいなぁ。天使のリングもばっちり。
思うようにこっち向いてくれないですからね、ライトをあっちから当ててみたり、こっちから当ててみたり、体勢をひねってみたり。
試行錯誤ですよ。まっ、その結果が60分オーバーのダイビングにつながると言うわけでして。。。。。
P4160166

 

越前は魚だけではありません。
ウミウシ好きにはたまらない、こんなにカラフルなのがいっぱいです。
次に潜ったらまた新しい出会いが待っているんだろうな、楽しみでしかたない。
ダイビングでお腹いっぱいでしたが、やっぱり別腹ですね、しっかりお好み焼きいただきました。

P4160814P4160189P4160178P4160174P4160171P4160207

上記の写真のほとんどはハマトミの若きオーナー、カズ君が撮影されました。

器材 オリンパスTG-1 マクロレンズ&ハンドライト使用(さすがですね!)

 

ここ暫く、ダンゴウオにはまりますので火曜日がお休みのかたご一緒しませんか?

カメラなどお貸しします。

但し海況によって当日中止の場合もありますのでご容赦くださいね。

出演者 タツノオトシゴ サラサエビ

越前ダイビングならハマトミへ

http://www.hamatomi.jp/

ダンゴウオ探しの名ガイドが在中です。 但し比較的すいている時(電話問い合わせ)

 

ダンゴウオ 越前海岸

ダンゴウオ 越前海岸2013/4/9(春の目覚め)

低気圧の狭間に越前海岸でダンゴウオを見てきました。

 DSC00717

今の時期の日本海の海況はとても気まぐれです。天気予報で大まかな状況はわかるのですが?

当日でなければ潜れない時期でもあります。

今回も前日の予想では5分5分で当日の朝7時に現地(ハマトミ)から決行の連絡が入りました。

うねりは結構高いが午前中なら潜れるでしょう!!

でも行ってみればダイビング日和になりました。

晴天、風なし、気温18度 ボートの上は寒くないです。

水温も1週間前に比べれば3度も上昇の13度 透明度は時化後にかかわらず7mさすが日本海です。

saya4

2-3日前に生まれたダンゴウオの赤ちゃんたち わかるかな? 体長2-3mm 何匹いるのでしょう?

子供たちは天使のわっかと呼ばれる白いリングが付いています。

聞くところによると親のダンゴウオは一番上にある模型のような保護色で岩穴に潜みほぼ発見できないようです。

メスが巣穴に卵を産み、オスが自分の体で巣穴をふさいで孵化を促すようです。

子供はオレンジ又は赤色が多く天使のリングと呼ばれるものが付いています。

そして温かくなる頃いなくなるそうです。(水温20℃以上では生きられないとの事です。)

だからダンゴウオダイビングは遅くても5月下旬までだそうです。

 saya10

グローブの指との比較で大きさが判断できますか?

 

 saya6saya7saya8

撮影者はさやさんと言って西表島の水中写真でとても有名なミスターさかなでガイドをされていたのでコンデジでもこのように写せるそうです。

なんたって今日がドライスーツ初体験だそうです。 さすがリゾートのベテランガイドさんです。

ちなみに使用器材CANON-PowerShot- S100 専用ハウジング、マクロレンズ、ハンドミニライト使用です。

ひょっとしたらPSCのツアーで皆さまにお目にかかれるかも知れませんね。

とても私と違いおさかなに詳しいです。

 

 P4090621

 

このウミウシは爺の私が撮りました。私はこれが身分相応ですかね?

 

P4090677P4090680P4090687DSC00725P4090631P4090634P4090639P4090626

ここ暫く、ダンゴウオにはまりますので火曜日がお休みのかたご一緒しませんか?

カメラなどお貸しします。

但し海況によって当日中止の場合もありますのでご容赦くださいね。

 

出演者 ウミウシ 泳ぐウミウシ ヤリイカ マダコ ダンゴウオ ヒラメ

オリンパス コンパクトデジカメ XZ-1とライト1灯で撮影しました。

越前ダイビングならハマトミへ

http://www.hamatomi.jp/

ダンゴウオ探しの名ガイドが在中です。 但し比較的すいている時(電話問い合わせ)

 

幻の100DIV こんな楽しみ方も!!

幻の100DIV2013/4/3(スーパー越前)

今回はプーケットでダイブマスターを取得された20才のさおりちゃんを連れてダンゴウオツアーに行ってきました。
彼女は当店に強烈なイメージを残してプーケトに嫁いだ祐美ちゃんの元で立派にDM取得されました。
 P4030093P4030106

DMの経歴をつけるため、、、

日本海で潜った事がないのとドライ初体験と100ダイブ目の記念ダイビング!!!

さおりちゃんはPSCのアンダマンツアーでお世話になった方です。
お世話になったと言うのは正確な表現ではありませんが?彼女のおかげでとても雰囲気の良いクルーズでした。
とてもおいしそうに食べ、そして幸せそうに何処でも天使の笑顔で寝る!!!そんなダイブマスター候補生でした。

P4030075manboP4030081P4030565P4030570P4030593P4030542P4030543

すごい生物体が越前で現れました!!。正確に言いますと見に行きました。

日本を襲った爆弾低気圧の為残念ながら海に入るのは自殺行為と判明した為

1時間ほどのドライブ

 

 IMGP1171P4030050

 

越前松島水族館

 

http://www.echizen-aquarium.com/

 

 

 P4030123

そんなこんなで哀れに思ったハマトミの青年社長から特別に越前蟹(タグ付ですよ)の昼ごはんを特別価格にてご馳走していただきました。

生蟹、焼蟹、アワビのお刺身付きフナモリ、など

生まれて初めて食べられた?皆様はとても満足にしておられました。

追記

前日は遠方(長崎)から参加のため当家ですき焼きを食べ、越前では越前蟹、その晩は焼肉とたぶん一回り大きくなってお帰りになられました。

 

 P4030125P4030100

 

ダンゴウオは5月中までですのでまた平日にリベンジしてきます。

火曜日、水曜日がお休みの方はご連絡ください。

 

P4030108

現実の日本海

こんな感じでした。

最後にハマトミ様ありがとうございました。そしてせっかく行かれたのに潜れなかった皆様申し訳ございませんでした。

PSC 原田