越前でカンパチの群れに遭遇

福井県の越前でカンパチの群れに遭遇しました。

透明度も15-20mとても青い海でアジ科の大形魚に遭遇です。場所はニューポイントのツインタワーで水深18mの砂地から水深5mに2つの塔が立っているダイナミックなポイントです。
P8280110

「カンパチ」(Amberjack)は東京での呼び名で、正面から見た際に目の上の斜め帯が漢字の「八」の字に見えることに由来します。
成魚は全長1m前後で最大で全長190cm・体重80.6kgの記録があり、アジ科の中では同属のヒラマサ に次ぐ大型種です。
ブリとカンパチの違い(ともにアジ科の大型種)
カンパチとブリの違いは、カンパチは頭に八の字が付いていたり、側線の色(琥珀色の体色)の違いです。

今日は新しいダイバーと珍しいイントラ?が参加されました。前者はまだ30ダイブの仲の良いご夫婦です。とても優しい旦那様が奥様をかばってダイブされていました。
後者は近頃プロゴルファーと言っても言い過ぎでないSイントラ様です。でもダイビングツアーも適度に参加してくださいね!!

P8280039 P8280113

本日のポイント 1STアゼグリ(透明度15-20m)  2NDツインタワー(透明度10-20m)

別働隊(S親子ダイバー)は敦賀のビッグポイント!トーグリに午前中(1STダイブ)行かれました。
越前からですとボートで約40分のポイント水深20m付近から水深70mまで落ち込むダイナミックな地形で濃い魚影および高い透視度を誇る中級者以上のエリアです。 しかし今回ははずれのようでした。次回に再チャレンジしてくださいね。
P8280099 P8280101 P8280095 P8280085

P8280077 P8280071 P8280078 P8280057

徐々に陸上は秋が近づいてきています。海の中はまだ夏の水温で30度近く快適ですが徐々にカラフルな死滅回遊魚が漂着する時期でもあります。

レアなお魚をゲットしに行きましょうね! 昨日ウミガメがビーチポイントで目撃されました。

P8280067 P8280121

ダイビングした後 お風呂に入ってそれからちょっとだけ豪華な昼ごはんでした。

本日のダイビング代はお昼ごはんを含んで¥20,000でした。

夜7時には京都に帰れました。皆様お疲れ様でした。

次回は9月7日(土)透明度、水温最高の越前で2ボートダイビングとバーベキューに参加されませんか?

ブランクダイバーも歓迎します。自前のウエットスーツが少しきつくなった方も無料レンタルスーツありますよ!!!

 

伊豆神子元ハンマーダイビング

伊豆神子元ハンマーダイビング

伊豆半島の南東沖合10kmに浮かぶ岩礁だけの小さな無人島「神子元島(みこもとじま)」は、完全な外洋に位置するため、黒潮の影響を大きく受けます。

黒潮が接近すれば、透明度は30mを超え、水温は一気に高くなり、そして時に強く流れます。この強い流れが、上級者しか受け付けない海の聖域を作ります。

京都から片道500km近くの工程をハンマーヘッドを求めて行ってきました。

8月25-26日(日・月)
DSC00544

途中の天城越え

 

P8260022

神子元ダイビングの魅力

濃い魚影、大物出現率の高さ ダイナミックな地形 強く流れる潮

DSC00494 DSC00516 DSC00531 DSC00499

エントリ-は全員 フル装備で船が惰性で動いているときにまるで落下傘兵のように次々に飛び込み潜水

潜水中はガイドについてひたすら泳ぎハンマー探し、40分のタイムが過ぎれば全員で浮上です。

エキジットは船尾にあるリフトに乗って上がります。(楽ちんです。)

DSC00512 DSC00501

ハンマーヘッドはカメ根で2回目撃しました。撮影機材 sonyNEX-7

2013.08.25

曇りのち雨 大きなウネリ

ポイント 白根・カメ根
 水温 19~26℃ 透明度 5~10m
ハンマーヘッドの群れを見ましたがあいにくの濁りのためシルエット
テングダイ、カスザメ、トビエイ、イサキ・タカベ、メジナ、ニザダイ、キンギョハナダイ、カゴカキダイ
ハンマーヘッドシャークへのリンク

2013.08.26

今日は朝から風が冷たく、秋を感じさせ少し肌寒かった。

 ウネリあり
 ポイント カメ根・江の口~
 水温 20~25℃ 透明度 8~10m 流れ 上げ~下り
 ハンマーヘッド、イサキ・タカベ、メジナ、ニザダイ、キンギョハナダイなど
トビエイ、ホシエイ、ヒラマサ

DSC00526 DSC00506

利用サービス 弓ヶ浜マリンセンター

今回もN隊長の元、グルメにはまりました。左から民宿での夕食、ダイビング終了後の昼食、浜松でのウナギ(この写真を食べられた方は某ゲーム会社のKさん特上¥4400)

DSC00518 P8260018 P8260030

面白い生物発見 お疲れ様でした。

DSC00548 DSC00525 DSC00529

来年もまたチャレンジしますのでハングリー精神の持ち主はぜひ参加してください。

シーズン最高の越前海岸ダイビング

この頃のダイビングはマクロ系でしたがあまりの好条件でワイドはに戻りました。

中級ポイントのシラグリポイントでデープ中にカンパチの群れに遭遇
セカンドダイブはハーフボートで桃源郷から磐岩ビーチまで
サードはPSC初のアイランドポイントに挑戦!!
P8210170

8月21日(水) 気温35度水温30度 晴 波なし 透明度15~25m

P8210189 P8210178

水深29m 真っ白な砂地でヤングカンパチの群れに遭遇 人懐っこく我々の周りにまとわっていました。

カンパチについて
成魚は全長1m前後である。最大で全長190cm・体重80.6kgの記録があり、アジ科の中では大型種である。
体は長楕円形で、前後に長く、側扁する。頭部には頭頂から目を通り上顎に達する黒褐色の帯模様が斜めに走る。この模様は幼魚期に顕著に現れるが成魚では不明瞭になる。体表は光沢のある細かい鱗に覆われ、側線数は約150に達する。体色は背側が黄褐色、腹側が銀白色をしている。その境界の体側には黄色の縦帯がある。尾鰭下葉先端は白い。背鰭と臀鰭の鰭条数は、第一背鰭6-7棘・第二背鰭1棘29-35軟条・臀鰭2遊離棘1棘18-22軟条である。

P8210214 P8210212 P8210224 P8210191

ハーフボートダイビングとはボートに乗ってビーチの沖合まで行ってエントリーしてエキジットはビーチに上がるというもの。

とても行動範囲が広く取れいろんな出会いが楽しめます。

桃源郷に落としてもらい(水深18m)から第一トンネルを経由して沖縄の青の洞窟のミニチュア版の割れ目を探索して帰ってきました。

潜水時間約60分

P8210257 P8210255 P8210243 P8210203

とても講習直後とは思えないダイビングスキルの持ち主のAさん とても満足されていたようでした。

P8210258 P8210194

3本目はエアーが持ちが良いのでアイランドというポイントに遠でしました。水深約20m真っ白な砂地からまるで大きな島のように立っていました。

最上部は4-5mほどですか? 今日はとても透明度がよくここは沖縄?と思えるようなダイビングでした。

オリンパスTG-1で撮影しました。 この頃このコンデジをよく使っています。

 

 

数名がリフレッシュダビングを行いました。

水温30℃の越前海岸ダイビング

まだまだ夏の越前に平日では大人数の8人で行って来ました。

8月20日(火) 気温35度水温30度 晴 波なし 透明度15~20m

P8200159

今日も越前の海は青かった。

この条件下で今日、数名がリフレッシュダビングを行いました。

長期休憩ダイバーは十数年ぶりだとか! でもとてもリラックスできる環境ではブランクがうそのように潜られていました。
ブランクダイバーの皆さま今が復活の時期ですよ!

P8200102P8200163

海中は色とりどりの生物でとてもにぎやかです。

P8200131P8200113

ポイントはビーチは磐岩(ハマトミ前)ボートはツインタワーでした。

ビーチは水深2-10mで安心して潜れとてもカラフルです。 幼魚やウミウシなど

ボートは波がなく船に弱い方でも大丈夫! 根ノ上はコケギンポでにぎやかでした。

P8200157 P8200149 P8200132 P8200154

左の幼魚はキンチャクダイです。とてもスバッシコク動き回ります。短い越前の夏にダイビングしましょう。

IMG_4366 IMG_4436 IMG_4444 IMG_4568

上記船越さんが撮影されましたさすが一眼レフですね!

P8200138

明日もここにきます。ギンポを撮影するよ!!!!

夏本番”若狭湾冠島

夏本番”若狭湾冠島

雲一つない青空の下、透明度の良い冠島に潜ってきました。

8月14日(水) 気温33度水温29度 晴 波なし 透明度20~30m

P8140097

平日の冠島は素晴らしいかった。

こんな条件の良いのは夏でもほんの数日間と言われるだけあって参加ダイバーは冠島を堪能されていました。

お盆ということもあって早朝に京都市内を出発しましたが?7時30分には舞鶴に到着しました。

P8140001P8140093

ポイントは地形派の立神と冠島の北ポイントでした。

前者はダイナミックに水底30mから垂直に根が立ち上がり潮が当たる壁にはイサキやアジの群れが乱舞でした。

午後からは癒し系でもダイナミックな地形水底の壁が地上何十メートルまで続いていると思うとなぜかワクワクします。

オリンパスTG-1で撮影しました。

P8140043P8140038

立神ポイントの水深6m付近にカラーの異なるコケギンポがいました。

P8140065

冠島北ポイントでの水中集合写真です。

P8140019P8140034

この素晴らしい透明度を見てください。

 

夏本番”ナイトダイビングしました越前の海

夏本番”ナイトダイビングしました。

OW講習生3人を含むダイビングが大好きな老若男女が越前海岸に集合しました。

汗が吹き出る気候のもとナイトを含んで潜り三昧でした。

8月10日(土)ー11日(日) 気温33度水温28度 晴 うねり 透明度15~30m

P8110064

日曜日の午後のボートダイビング

講習生も初ボートダイビングに挑戦しました。

ポイント名は新しく加わったツインタワーです。シラグリポイントの岸側に位置し水深18メートルから水深6mまで垂直に2つのタワーのようなダイナミックなポイントです。 深度に合わせさまざまな生き物が見られます。

P8100035

夜の食事は越前恒例の船盛りとかに1匹付きです。今宵はナイトの関係で20時スタートになりました。

ナイトに行かなかったダイバーさんお待たせでした。

P8100024 P8100016 P8110091

常連となったコケギンポです。とても愛くるしく良い被写体になってくれます。

P8100010 P8100033 P8100012

いまやスター的な存在のシロタツ この被写体に何分も粘るダイバーも現れ順番待つができていました。

ナイトにも出現しました。

 

P8110094 P8110068

今回のボートはいつもと違い漁船でした。サイドが少し高くバックシットエントリーは少しスリルがあります。

P8110073 P8110072 P8110071

3人の講習生と付き添いのダイバーのツーショットです。皆さんめでたくライセンス取得され皆さん嬉しそうでした。

先輩ダイバーさんこれから青い海にエスコートしてあげてくださいね。

P8100027

ナイトダイビング

潜水開始後30分過ぎになりすっかり暗くなると待ってましたと夜の主役たちが動き回っていました。

4-5匹のタコが夜の砂地にはいかい、イカも昼間と違い異様な姿になり神秘的、大きなアナゴも、、、

ファンダイブみたいな越前OW講習

ファンダイブみたいなOW講習

8月7日(水) 気温32度水温28度 晴 波なし 透明度10~20mP8070194

ダイビングコンデションに恵まれたこともありますが?

講習生ダイバーは優秀に付き

最終ダイブはボートダイビングになりグランブルーの世界に飛び込みました。

最大水深18m潜水時間約60分(コンピューター使用)

P8070167P8070189P8070187P8070164

ダイビング2日目ですばらしい中性浮力とフィンワークをものにした講習生に感心しました。

そしてこのすばらしい透明度の中の美人バディをみてください。

DMのエスコートの良さも影響していますね!きっと!

P8070165P8070184

あきえDMが完全エスコートに挑戦。

左からコケギンポ、サラサエビ、メバル

P8070163P8070155P8070142P8070144

越前なら2名さまからツアーが組めますよ!  参加者募集中