今年最高の白浜ダイビング

今年最高の白浜ダイビング

11月17日(日) 暫く振りで和歌山県白浜に行ってきました。

PB170132

カエルアンコウ(釣竿を持った魚)撮影Tさん(オリンパスTGー2)

泳ぎが下手な種が多く、前足のような胸鰭を使って海底を歩き回る。

頭部に擬餌の付いた突起を持ち、小型の甲殻類や魚をまるでルアーで釣るように捕食します。

PB170118

ひと月戻ったような陽気の快晴の中潜ってきました。

誰かさん曰く、誰々さんが居ないおかげです。ありがとう!!!

水温20度気温20℃、快晴、無風で波なしです。透明度は10m程で良くはないですが?どっちを見ても魚魚魚魚、、、

 PB170003

ポイントは色津と沈船でした。
色津
水深14mでアーチのある一回りできるアーチのあるポイントです。アーチの中は入り切れないイシモチ類がアーチから溢れその中には捕食魚のクエやきらびやかなミノカサゴがライトをあてるとまるできらきらと輝きとてもきれいでした。
そしてなんと最後にはカンパチの群れが出現です。

 PB170113 PB170086

Kさんの手のひらにチッチャーーーーーイアオウミウシ(*^_^*)

新婚S夫人のシリアスな表情(*^_^*)

沈船
水深17mに全長28m・幅6m・高さ8mのタグボートが横たわっています。本土でこれほど大きい沈船は珍しく白浜を代表するポイントになっています。
生物も豊富で、イシモチ類・アジ類・イサキなどが群をつくり船体や先を行くダイバーが見えません。マクロではきれいなウミウシやカエルアンコウなどレアな生き物であっと言う間に潜水時間が過ぎました。

今年デビューのKさんは講習ダイブ以来初めてのボートでドライでしたが信じられないぐらいに上手に潜られて、、、最後の方では初心者らしからない中性浮力で船体から舞い降り他のグループが撮影しているカエルアンコウの列に堂々と割り込んでおられました。私はただ知らん顔して見守るばかりでした。

 PB170027  PB170040  PB170049

この真ん中の透明なエビちゃんの名前をご存じの方教えてください(V)o¥o(V)

んー調べたんですが・・・

PB170106 PB170032

Sさん撮影

T氏撮影の動画です。

ダイバーによる稚貝(クロアワビ)手づけ放流ダイブ3月8日

ダイバーによる稚貝(クロアワビ)手づけ放流ダイブ

日時 2014年3月8日(土)
絶えるアワビ(太平洋)を救いましょうダイバーボランティア募集

日高の海でクロアワビの稚貝を直接海底に放流することで稚貝の成長を見守り、漁業者との交流を深めダイバーとの共存をめざす活動です。

P4090677

スケジュール
9時15分 センター集合
①貝学者の吉田氏より稚貝の定着方法や生態の指導と説明を受ける。また和歌山県下に生息する興味深い貝の紹介など、、、
②ビーチダイビングで入水し決められた場所に定着させる。(ブイ)
③ダイバー1名に付稚貝30個担当
④定着された稚貝とプレート(名前記入)と一緒に水中記念撮影
11時30分 作業終了予定  お昼ごはんは漁協の方が用意された焼き魚、おにぎり、味噌汁
12:30分 1ボートダイビング(マクロ撮影しましょう)

参加費用 お一人¥15,000 1ボートダイビング、ボランティアダイブ、温かい昼食含む
参加資格 中級者以上のダイバー
参加人数 総勢6名(申込順)

クロアワビ

00389

形態

貝殻は平たい長円形で、「呼水孔」と呼ばれる4個から5個の穴が開いており、内面には真珠質の光沢がある。殻長15cmから20cmに達する。

生態

水深4mから5mを中心とした浅所に生息し、夜行性で、昼間は、岩の隙間や洞穴などの暗所に潜んでいる。

藻食性で、コンブの仲間などの大型褐藻類を好む。

産卵期は秋から冬にかけての、水温20℃を下回る時期。殻長10cmに成長するのに、3年から4年かかる。

高知県柏島ダイビング1

四国 高知県柏島ダイビング

 DSC01009

11月2日(土)~4日(祝) 京都から片道7時間の長い~ダイビングに行ってきました。

マクロ撮影の器材を持っての記念撮影です。

 DSC00953

瀬戸大橋

しかし何回行っても遠いなー(でも高速がどんどん伸びています。あと数年したら全行程高速かも?)

 DSC00957 DSC00982 DSC00980 DSC00961

土曜日が移動日のため柏島へ向かう途中で、南国の秘境とよばれる龍河洞へ立ち寄り。鍾乳洞を堪能してきました。
細い通路もあり、あ~~~こりゃ通れない人いるなぁ。。。笑
神秘な世界でした。

DSC00998
日が暮れた中村で!!さっ!鰹の塩たたき食べながら明日の海に乾杯だ。
お一人さま¥3,000

厨房わかまつ

PB030022

今回も無理を言ってお世話になった柏島のシーエアーダイビング

さて海の環境ですが透明度は20~25mをキープし気温20℃水温も24℃波は50㎝程

ドライがとても気持ちのいい季節です。

日曜日はさすが人が多く、スタッフの皆様ピリピリと緊張感が伝わってきます。
これほどのダイバーを安全かつ楽しく潜らせるのは大変ですね!!

PB040133 PB040118 PB040110 PB040107

PB040093 PB040071 PB030116 PB030024

柏島2に続く

高知県柏島ダイビング2

_MG_4086

柏島の海は宝の海ですね!

掲載者は柏島が好きで堪らないダイバーさんたちの一押し写真です。

専門家から見ると未熟かもしれませんが情熱だけは負けません?

IMG_1568 IMG_1504 _MG_4114 _MG_4097

 _MG_4077 _MG_4054 _MG_4035

_MG_4018 _MG_4014 _MG_4011 _MG_3975

_MG_3971 _MG_3968 _MG_3960

_MG_4069

お世話になったシーエアーの皆様及び民宿の山文さんありがとうございました。